ヤイロチョウ4 道の上編
- 2017/07/19(Wed) -
再び在庫のヤイロチョウ画像、シーンとしては第2回の続編です。トレッキングコース付近にヤイロチョウが登場した時が一番被り無しで撮影できるチャンスだったのですが、あいにくさほど近づいてくれないままに終わりました。ヤイロチョウらしい林床ではなく道の上での画像ですが、それでもそこそこの距離で撮れたので、記念にUpしておきます(^^;

NN7A0315朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231634

NN7A0319朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231653

NN7A0326朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231710

NN7A0335朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718234437

NN7A0272 ヤイロチョウ_convert_20170701095731

NN7A0289朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231610

NN7A0475朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718234711
スポンサーサイト
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(2) | ▲ top
ヤイロチョウ3 給餌編
- 2017/07/16(Sun) -
ヤイロチョウシリーズの3回目は雛の餌を口いっぱいに咥えているヤイロチョウです。♂♀が交互に餌場に飛んでいっては巣に戻り給餌していました。(ミミズやムカデが苦手な方は、ごめんなさいです。)

この倒木にとまって、巣の近くの横枝に飛んで、巣に入る。そんな行動パターンでした。画像は明るいですがiso 高めで撮っています。実際は相当暗かったです。
NN7A0026朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730205358

NN7A0062朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730205424

ココに来る時はエサをくわえているので、なかなか姿を綺麗に撮れませんが、この時はミミズが少なめな回でした(^^;
NN7A0140朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730205512

今度はミミズがいっぱい…
NN7A0121朽木 ヤイロチョウ_convert_20170731215058

NN7A0147朽木 ヤイロチョウ_convert_20170731215228

NN7A0163朽木 ヤイロチョウ_convert_20170731215304

NN7A0131朽木 ヤイロチョウ_convert_20170709175420

途中1回だけ、少し手前の切り株にとまりました。写りはイイのですが、いかんせんお口がこの状態です(^^;
NN7A0206朽木 ヤイロチョウ_convert_20170709175804

NN7A0212朽木 ヤイロチョウ_convert_20170709175902



ここが巣へ飛んで行く前の定位置でした。
NN7A0225朽木 ヤイロチョウ_convert_20170722142852

動画も撮影してみました(^^) 


おまけ:巣作りの初期の頃、巣に出入りする姿を少しだけ撮影できました。

巣穴から顔を出すヤイロチョウ。


巣に戻ってきたヤイロチョウ 翼には白斑があり、ブッポウソウに似ている気がします。










あとがき
ヤイロチョウのような希少な鳥が営巣する森が都市の近くにある事は素晴らしいのですが、ココが有名になってしまい、毎年撮影のために人が集まりすぎるのは営巣のためには大きなマイナスです。自分自身が撮影に行っているのに綺麗事を言うようですが、むやみに営巣情報を拡散させるのは憚られるので、多くの方々同様に巣立ちを待ってのUpとなりました。
来年もヤイロチョウが来てくれることを祈りつつ、連年の大騒動を振り返ると、もっと静かなところで営巣した方が安心なのに…とも思ってしまいます。自然と付き合う趣味は、特に繁殖期は、いろいろ悩ましいですね。
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(8) | ▲ top
ヤイロチョウ2 道端編
- 2017/07/15(Sat) -
今回はトレッキングコースに現れたヤイロチョウです。例にもれず、撮影ポイントは暗くisoはなかなか下げられず、せっかくのヤイロチョウの鮮やかな羽色がもう一つ綺麗に出ません。微妙な木洩れ日にも悩まされながら、とりあえず被りなしで撮れたのは収穫でした。

♂♀ともに来ましたが、現場で聞いた話だと♂の方が警戒心が強いとのことでした。画像は♀と思われる個体です。
NN7A0073 ヤイロチョウ_convert_20170701095049

NN7A0076 ヤイロチョウ_convert_20170701095259

NN7A0097 ヤイロチョウ_convert_20170701095348

NN7A0110 ヤイロチョウ_convert_20170701095459

NN7A0154 ヤイロチョウ_convert_20170701095602

NN7A0205 ヤイロチョウ_convert_20170701095640

NN7A0280 ヤイロチョウ_convert_20170701095815

NN7A0376 ヤイロチョウ_convert_20170701100029

NN7A0413 ヤイロチョウ_convert_20170701100127


次の登場を期待しましたが、バテてきたのでこの日は撤退しました(^^;
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(2) | ▲ top
ライファー・ヤイロチョウ
- 2017/07/14(Fri) -
今年の梅雨時はヤイロチョウのおかげで楽しい時間を過ごせました。無事ヒナが巣立ちしたとの情報が入りましたので、いままでに撮影した画像を何回かに分けてUpしていきます。今回は6月中旬営巣初期に撮影した画像です。

いままでヤイロチョウにはチャンスがありながら出会うことができずでしたが、この日ヤイロチョウに初めて出会えました。今年は舳倉島にも行けたし、念願のヤイロチョウに出会えてラッキーな「鳥」年です。

採餌に歩き出したヤイロチョウ この日の最初の画像はAM5:00撮影でした。isoを上げても相当SSは遅いです。
NN7A0013朽木 ヤイロチョウ_convert_20170615202053

う~ん… いいところにとまったのですが、私のポジションが悪かったです。
NN7A0064朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730175711

巣材の苔を運ぶヤイロチョウ


巣材をくわえすぎて顔が見えません…巣作り、頑張ってました(^^)


近くに出てきました!でも正面向きで翼の色が見えません…


さらに近づいてきました(^^)




もうちょっと横を向いて欲しいところでした(^^;


気が付くと、すぐ先に来ていました。一瞬光がさして、ヤイロチョウらしい羽色が少しだけ見れました。
NN7A0186朽木 ヤイロチョウ_convert_20170620234026

このシーンではコバルト・ブルーの小雨覆が一層輝いて見えました。この小雨覆の輝きはヤイロチョウ自体の希少さもあって魅入ってしまいます。“ヤイロ”の名前は“たくさんの色”の意だそうですが、見れば見るほど光線次第で羽色が変わって見えます。


Fairy pitta “妖精”といわれるヤイロチョウに出会えただけでラッキーでした。
Tさん、今回は大変お世話になり、勉強にもなりました。ありがとうございます。またフィールドでお会いするのを楽しみにしております(^^)
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(2) | ▲ top
| メイン |