山の上の公園でのんびり
- 2016/10/10(Mon) -
最近遠出しすぎているので、この三連休は地元で撮影することにしておりました。地元といっても毎年同じ所に行っていては同じような出会いしか期待できないので、いつもと違った場所に行こうと迷った結果、地元の鷹の渡り観察ポイントにこの時期初めて行ってきました。
今日はツミが次々と現れましたが撮影はそんなに甘くなくて小さなツミの飛ぶスピードになかなかついていけず、ボケボケ画像やお腹が真っ黒な写真の続出となりました。まだまだ、猛禽の撮り方が分かっていないようです。タカも高いところを飛ぶことが多くて写真は証拠写真程度のものしかありませんが、山の上でタカの登場を待つ時間は楽しいですね。ツミのほか、オオタカ幼鳥、サシバ、ハチクマ、ノスリ、ミサゴが出てくれました(^^)

ツミ 最初の個体 露出補正していますが、光線が強くて真っ黒に…
NN7A0418萩谷公園 ツミ_convert_20161010205048

ツミ 個体その2 今度は露出はマシですが、遠くてシャープに写らない…
NN7A0436萩谷公園 ツミ_convert_20161010205113

ツミ 個体その3 距離が近かったらイイ画像になったように思うのですが、相当遠かったです。
NN7A0441萩谷公園 ツミ_convert_20161010205137

オオタカ幼鳥
NN7A0541萩谷公園 オオタカ幼鳥_convert_20161010205217

サシバ 相当高いところを旋回していました。この後、一気に気流に乗って渡っていきました。
NN7A0430萩谷公園 サシバ_convert_20161010205258

ハチクマ幼鳥
NN7A0032萩谷公園 ハチクマ_convert_20161010205344

ノスリ やはりこの時期の渡りなのでノスリが一番多かったです。
NN7A0618萩谷公園 ノスリ_convert_20161010205547

この日はハヤブサの仲間が登場しなかったのが残念でしたが、いろいろな鷹が現れたし、地元の鷹の渡り調査の方たちにも気さくにお話しいただき、楽しい時間をすごせました(^^)
スポンサーサイト
この記事のURL | ツミ | CM(8) | ▲ top
| メイン |