オオヒシクイ
- 2017/12/05(Tue) -
オオワシの飛翔シーンをあきらめて、湖北水鳥センター向かいの島に集まるコハクチョウとオオヒシクイを観察に行きました。冬ここに行くと必ずオオヒシクイを見ることができるのですが、寝ていることが多く、正直あまり期待はしていませんでした。しかし、この日のオオヒシクイの群れは、半分はお休み中でしたが、半分は活動中で、思ったより楽しめました。

寝ている群れの中で1羽だけ堂々と立っていたオオヒシクイ。それにしてもオオヒシクイはカモと比べるとだいぶデカいですね。体長は90cm~100cmあるそうです。
NN7A0113湖北水鳥センター オオヒシクイ_convert_20171204222812

こちらは活動中のグループ パタパタしたり鳴いたり、元気でした(^^)
NN7A0186湖北水鳥センター オオヒシクイ_convert_20171204222847

真ん中のコハクチョウは周りが騒がしくても我関せずお休み中…
NN7A0193湖北水鳥センター オオヒシクイ_convert_20171204222920

NN7A0317湖北水鳥センター オオヒシクイ_convert_20171204222948

NN7A0325湖北水鳥センター オオヒシクイ_convert_20171204223017

NN7A0327湖北水鳥センター オオヒシクイ_convert_20171204223046

琵琶湖にやってくる雁の仲間はほとんどが種ヒシクイの亜種オオヒシクイがですが、時々珍しい雁の仲間が入ることもあり、ひそかに期待していました。残念ながら、この日のセンター前の中州は、まぎれもないオオヒシクイばかりで、十数羽入っているはずのマガンはお留守でした…(^^; 
スポンサーサイト
この記事のURL | オオヒシクイ | CM(0) | ▲ top
湖北での撮影その3 オオヒシクイ
- 2016/11/10(Thu) -
再び湖北での撮影分から。
普段見ることができない鳥ではありますが、冬にココへ来れば必ず会えるので希少価値が低いように感じてしまうオオヒシクイ。普通種ではない鳥さんなんですが… 
いつもは寝ているところばかり見ているイメージでしたが、この日は割と動いている画像が撮れました。せっかくなのでオオヒシクイの飛翔シーンも撮りたかったのですが、残念ながらパタパタまでで飛び立つことはありませんでした。

NN7A0065湖北町 オオヒシクイ_convert_20161107223622

NN7A0160湖北町 オオヒシクイ_convert_20161109213503

NN7A0170湖北町 オオヒシクイ_convert_20161107223800

こちらはいつもの寝ているシーン…
NN7A0105湖北町 オオヒシクイ_convert_20161107223728

NN7A0180湖北町 オオヒシクイ_convert_20161107223830

こうしてみると、カモと全然大きさが違いますね。
NN7A0192湖北町 オオヒシクイ_convert_20161107223901

この日はついでにアカハシハジロもライファーで出会っていました。(写真はもう少しマシなのを撮れてからにしまいます。)マガン、アカハシハジロにタカサゴクロサギと1日3種のライファーGetとなり、ラッキーな鳥撮でした。
湖北では早朝から順調に鳥さん撮影をして、この後小谷山の城跡に行ってきました。
この記事のURL | オオヒシクイ | CM(2) | ▲ top
| メイン |