オオヨシキリ
- 2016/05/31(Tue) -
拡声器から聞こえてくるような大声で叫ぶようになくオオヨシキリ。地味なので撮ったまま放置してましたが、夏の風物詩でもあるので… 言い訳がましいですが在庫品をUpです(^^;

NN7A0457枚方 オオヨシキリ_convert_20160518201033

NN7A0471枚方 オオヨシキリ_convert_20160518201059

NN7A0492枚方 オオヨシキリ_convert_20160518201124

夏の風物詩といいながら、枯れた穂にとまっているので、イマイチ夏らしくない!?


スポンサーサイト
この記事のURL | オオヨシキリ | CM(4) | ▲ top
タマシギの季節
- 2016/05/29(Sun) -
鳥たちはいま子育てシーズン真っ盛りですが、今年は遠征に行ったこともあり撮影は出遅れ気味… 最近北摂地域の野鳥ブログを賑わしているチョウゲンボウも雛が巣立ってしまったようですし、今日は午前中しか時間がないので出撃場所に迷いましたが、タマシギの登場に期待して、近所のS市の田んぼの様子を見てきました。去年雛を連れた姿が見られた田んぼに行ってみると、今年もタマシギ♂♀を発見(^ ^)

NN7A0531鳥飼 タマシギ_convert_20160529091858

NN7A0535鳥飼 タマシギ_convert_20160529201722

NN7A0537鳥飼 タマシギ_convert_20160529201756

NN7A0550鳥飼 タマシギ_convert_20160529091923

逆光ポジションなので別の田んぼを探してみると、またもやタマシギを発見(^ ^) 苗の緑色が鮮やかですね〜
NN7A0580鳥飼 タマシギ_convert_20160529201853

NN7A0599鳥飼 タマシギ_convert_20160529092030

NN7A0613鳥飼 タマシギ_convert_20160529092102



NN7A0704鳥飼 タマシギ_convert_20160529092210

巣作りはこれからのようなので、ヒナの姿が見られるのはしばらく先ですね。
この記事のURL | タマシギ | CM(8) | ▲ top
千里南公園 カワセミ
- 2016/05/28(Sat) -
最近ヤマセミ、アカショウビン、ブッポウソウとブッポウソウ目の鳥を続けて撮っているので、これはカワセミも撮っておかねば…と思い、今日の鳥さんはカワセミです。千里南公園ではカワセミの雛が巣立ちしたそうなので様子をのぞいてきました。
親鳥は♂♀ともに元気で、ツツジが満開の桃ヶ島に来てくれましたが、雛たちはシャイなのか途中まで飛んできては戻ってしまいました(^^;

NN7A0386千里南公園 カワセミ_convert_20160528160914

NN7A0409千里南公園 カワセミ_convert_20160528160938

NN7A0337千里南公園 カワセミ_convert_20160528160741

NN7A0348千里南公園 カワセミ_convert_20160528160827

NN7A0264千里南公園 カワセミ_convert_20160528160652

せっかくなのでダイブシーンの撮影にもチャレンジしてきました(^^;
NN7A0198千里南公園 カワセミ_convert_20160528161041

NN7A0199千里南公園 カワセミ_convert_20160528161300

NN7A0428千里南公園 カワセミ_convert_20160528161445

NN7A0454千里南公園 カワセミ_convert_20160528161349
この記事のURL | カワセミ | CM(4) | ▲ top
タンチョウ
- 2016/05/27(Fri) -
なぜか岡山にはタンチョウが観察できる施設がいくつもあります。今回の遠征最終ターゲットは吉備路のタンチョウ。ここは以前何度も利用したことがあるのですが、タンチョウを観察できるのは知りませんでした(^ ^;

NN7A1283吉備路 タンチョウ_convert_20160525214726

NN7A1287吉備路 タンチョウ_convert_20160525214929

NN7A1300吉備路 タンチョウ_convert_20160525215030

NN7A1302吉備路 タンチョウ_convert_20160525215127

こちらは抱卵中のようです。無事ヒナが孵るといいですね!
NN7A1284吉備路 タンチョウ_convert_20160525214829

さすがに1日600kmは疲れましたが、満足の遠征でした(^ ^)
この記事のURL | タンチョウ | CM(2) | ▲ top
鳥取・岡山日帰りツアーその4 ブッポウソウ
- 2016/05/25(Wed) -
アカショウビンの撮影を堪能した後、当初の予定地・岡山県に向かいましたが、アカショウビン撮影を優先したので到着はお昼を大きくすぎて、このポイントでの撮影では逆光となる時間帯に… 距離も遠くてなかなかうまく撮れませんでしたが、今までは巣箱に飛び込むシーンばかり見ていたので2羽が仲良くしているシーンは新鮮でした。

証拠写真ですが、まずはカップルの仲良しシーンから。
NN7A0988横山様 ブッポウソウ_convert_20160522230445

NN7A1036横山様 ブッポウソウ_convert_20160522230521

NN7A0945横山様 ブッポウソウ_convert_20160522230546

♂だけ手前の木に来てくれました。この枝は巣箱に入るときの定位置です。逆光のせいか、なかなかピンが合わず苦労しましたが、この1枚はシャープに写っていたので大トリミングです。
このコは足環がついてますね。
NN7A1057横山様 ブッポウソウ2_convert_20160524224316

ココからは控えめな大きさに(^^;
NN7A1060横山様 ブッポウソウ_convert_20160524224402



飛び出しを撮ったのですが、少しSSが不足… やはりこの日は日差しが強くて翼の先端がテカってしまいました。


NN7A1103横山様 ブッポウソウ_convert_20160524224853

NN7A1169横山様 ブッポウソウ_convert_20160524225129

NN7A1108横山様 ブッポウソウ_convert_20160524224936

NN7A1130横山様 ブッポウソウ_convert_20160524225038

またSS不足でした…
NN7A1175横山様 ブッポウソウ_convert_20160524225330

NN7A1239横山様 ブッポウソウ+(1)_convert_20160523230159

NN7A1240横山様 ブッポウソウ_convert_20160523225551

ブッポウソウのラブラブなカップルを見ることができてよかったのですが、写真を整理してみて、やっぱりブッポウソウの羽色を綺麗に写すのは難しいと実感。そして、飛びモノをもう少し丁寧に狙っておけばよかったと反省…
この記事のURL | ブッポウソウ | CM(4) | ▲ top
鳥取・岡山日帰りツアーその3 アカショウビン(マニュアル撮影編)
- 2016/05/24(Tue) -
今回の撮影ポジションは巣穴を掘りに飛び立つ枝の正面だったし、何度も飛び立ってくれたので、マニュアルでピンを合わせていろいろ設定を試してみました。その中で大きめトリミングに耐えられそうなものをアカショウビン編の最後にピックアップしてみました。
もう少しやさしい光のもとで綺麗に撮りたいな~などと自分の腕のことをタナにあげて勝手なことを考えたりしてましたが、強い日差しに輝く羽は、”火の鳥”ともいわれる雰囲気が少しは出ているかな?と思っています(^ ^;

NN7A0190八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522171755

NN7A0353八東ふるさとの森 アカショウビン♂2_convert_20160522171824

NN7A0370八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522171846

NN7A0381八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522171910

NN7A0701八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522171938

こちらは♀ やはりメスのほうがやや羽色が薄いですね。
NN7A0296八東ふるさとの森 アカショウビン♀_convert_20160522171958

巣穴を掘りに飛び立つ♂ 日差しを反射して、まさに”火の鳥”のようでした(^^)
NN7A0463八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522172047

NN7A0527八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522172118

NN7A0580八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522172151

NN7A0624八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522172233

次回は岡山・吉備中央町のブッポウソウ編をUpします(^ ^)
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | ▲ top
鳥取・岡山日帰りツアーその2 アカショウビンのカップル
- 2016/05/23(Mon) -
撮影場所についてから2時間待ちで登場したアカショウビンは一生懸命巣穴を掘っていましたが、皆さん期待しているのはこの時期しか撮れない♂♀が並んだシーン。2羽のとまる定位置は上下に少し離れているので、なかなか一緒に撮らせてくれません。横並びシーンを期待しながら撮影していると、♀が♂の定位置に飛んできました(^ ^)
このカップルは本格的な営巣活動に入ったようで、無事産卵、ヒナの誕生・巣立ちが見られるといいですね〜!

NN7A0078八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522132654

NN7A0092八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522132733

NN7A0113八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522132816

NN7A0117八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522132849

今度は♂が♀の定位置近くに…
NN7A0662八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522132934

NN7A0664八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522133018

NN7A0892八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522133054

NN7A0907八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522133130

NN7A0857八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522172314
この記事のURL | アカショウビン | CM(10) | ▲ top
鳥取・岡山日帰りツアーその1 アカショウビン
- 2016/05/22(Sun) -
ここ数年夏になると岡山や鳥取へ撮影に出かけていますが、今年はいつもより時期を早めてえむ・おーさんと2人で行ってきました。遠征の成果発表第一弾はブナの森のアカショウビン。ブナの木陰の中に強い日差しが差し込んでいて撮影が難しかったのですが、♂♀カップルが元気に営巣準備をする姿が見れて満足でした(^^)

まずは定位置に♂が登場!
NN7A0020八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522100751

NN7A0059八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522100847

NN7A0410八東ふるさとの森 アカショウビン♂_convert_20160522101132

NN7A0416八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522101211

同じ枝の上の方に遅れて♀も登場しました!
NN7A0255八東ふるさとの森 アカショウビン♀_convert_20160522101023

NN7A0290八東ふるさとの森 アカショウビン♀_convert_20160522101058

NN7A0827八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20160522101409

NN7A0824八東ふるさとの森 アカショウビン♀_convert_20160522101337
この記事のURL | アカショウビン | CM(4) | ▲ top
アカショウビン記念日
- 2016/05/17(Tue) -
5月17日は私Yasuoのアカショウビン記念日(^^;
昨年撮ったアカショウビンを1周年記念にUp。写真を見ると森の中に響く鳴き声を思い出します。今年も出会えますように…!

NN7A0683ささやまの森 アカショウビン_convert_20160516223521
この記事のURL | アカショウビン | CM(8) | ▲ top
キビタキとオオルリ 箕面VC
- 2016/05/16(Mon) -
またまた土曜日の撮影分から。大ケヤキのフクロウ雛の様子をのぞいた後、箕面経由で帰宅。VCに着くとキビタキの鳴き声が響いていたので探し回って、ようやく今季最初のキビタキUpです。でも、まともに撮れたのはほとんど同じシーンだけ… 1枚では寂しいので、同じくVCで撮ったオオルリも一緒にUpします。ペアリングがうまくいって、頑張って子育てしてもらえればイイですね!

キビタキ若♂ 探し出すのに苦労しました(^ ^;
NN7A0429箕面VC キビタキ_convert_20160514215123

オオルリ♂
NN7A0410箕面VC オオルリ_convert_20160514214701

NN7A0412箕面VC オオルリ_convert_20160514214750

NN7A0413箕面VC オオルリ_convert_20160514214846

NN7A0421箕面VC オオルリ_convert_20160514215008
この記事のURL | キビタキ | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ