冬羽ムナグロ
- 2016/10/30(Sun) -
今日は遠出はせず運動のため淀川・三島江河川敷をブラブラ歩いていると、田んぼにムナグロが来ていると教えていただきました。行ってみると、ムナグロの群れが田んぼでくつろいていました。

田んぼの真ん中にいたムナグロ やや距離があったのと、意外に空気が揺らいでいて思ったほどシャープに撮れてませんでした…
NN7A0033三島江 ムナグロ_convert_20161030194340

NN7A0046三島江 ムナグロ_convert_20161030194600

NN7A0064三島江 ムナグロ_convert_20161030194731

NN7A0060三島江 ムナグロ_convert_20161030194633

全部で10羽以上の群れでした。
NN7A0055三島江 ムナグロ_convert_20161030194518

刈り入れが終わった田んぼはすでに冬っぽくなっていました。だんだん寒くなるので、フィールド周りの服も暖かくしなければ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ムナグロ | CM(8) | ▲ top
木枯らしの中のムギマキ
- 2016/10/29(Sat) -
今日は朝から六甲山を縦走ドライブしてムギマキのリベンジ撮影に行ってきました。ココはカラスザンショウの実の上にのって啄む姿の撮影が定番となっていますが、今日は予報通り木枯らし1号が吹いてカラスザンショウの木の枝も揺れまくり… ただでさえ落ち着きのないムギマキがじっくり実の上にとまるはずもなく、撮影開始早々から苦戦の予感… 結局、定番の姿の撮影はできず、周囲の木にとまったところを何とか撮影できました(^^;

強風を避けるためか、この枝にしばらくの間とまっていました。
NN7A0001森林植物園 ムギマキ_convert_20161029192257

NN7A0010森林植物園 ムギマキ_convert_20161029192326

NN7A0025森林植物園 ミギマキ_convert_20161029192404

見返りムギマキ このシーンが一番シャープに撮れたので大トリミング(^^;
NN7A0054森林植物園 ムギマキ_convert_20161029214309

ときどきカラスザンショウの木にも飛んでいきましたが、奥の方の実をつつくだけで表には出てこず…
NN7A0066森林植物園 ムギマキ_convert_20161029192518

低いポジションの茂みの中に入って落ち着いていたムギマキ。どうしても枝か葉っぱがかぶってしまいました(^^;
NN7A0128森林植物園森林植物園_mugimaki_convert_20161029192556

NN7A0134森林植物園 ムギマキ_convert_20161029192648

♀もいましたが、愛想なしでした…
NN7A0101森林植物園 ムギマキ_convert_20161029192725

今回も、じっくり撮れたのはキビタキでした。
NN7A0105森林植物園 キビタキ_convert_20161029192812

おまけ ジョウビタキ♀今季初撮りです(^^)
NN7A0082森林植物園 ジョウビタキ_convert_20161029192851

前回のK山でのムギマキ撮影は惨敗でしたが、今回はなんとか無事に♂成鳥が撮れて一安心。ジョウビタキの姿が増え、木枯らしが吹き始めて、いよいよフィールドのシーンも冬に向かっていますね。
この記事のURL | ムギマキ | CM(6) | ▲ top
ノゴマ
- 2016/10/26(Wed) -
日曜日の撮影分です。
今シーズン出遅れている秋の渡りの撮影で、まだ出会えていなかった鳥さんの一種がノゴマ。今年はいつもと違って春の渡りの時に撮っているのですが、秋に撮れないのは寂しいので、朝一少しだけお城に行ってきました。
お城に着くと予想通り例年のポイントでノゴマ♂を撮影中でしたので、便乗して撮らせていただきました(^ ^)

NN7A0937大阪城公園 ノゴマ_convert_20161023195927

NN7A0945大阪城公園 ノゴマ_convert_20161023201917

NN7A0960大阪城公園 ノゴマ_convert_20161023200637

NN7A0955大阪城公園 ノゴマ_convert_20161023200359

NN7A0972大阪城公園 ノゴマ_convert_20161023200753

Siberian RubyThroatの英名通り、喉元がルビー色のノゴマを見ると晩秋、冬鳥の季節が始まりますね。お城の堀にはカモが増えていました。天守閣の向こうの空にも秋を感じる朝でした。


この記事のURL | ノゴマ | CM(4) | ▲ top
ライファー・サバクビタキ(枝どまり編)
- 2016/10/25(Tue) -
せっかくの珍鳥なので短時間に大量にシャッターを切ってしまいました。第2弾は枝どまり編です。なんとか飛び出しの瞬間を綺麗に撮りたかったのですが、満足まではいかないでギブアップ。SSも少し足りなかったようです(^ ^;

1枚目は枝どまりの姿を大トリミングでアップで。
NN7A0505岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023104807

もう少しトリミングを控えめに…
NN7A0432岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023104723

NN7A0532岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023105006

羽を膨らませてブルブルしている姿は、なかなか可愛いかったです。
NN7A0508岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023105113

エサを食べに来ては枝に飛ぶ行動パターンは読めたのですが、飛び出しの瞬間になかなかタイミングが合わず、撮れたのはこんなもの…
NN7A0541岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023105224

枝の手前を飛んでくれたらよかったのですが…
NN7A0542岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023105254

戻ってくる姿です。
NN7A0575岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023105327

最後にもう一度枝どまりのアップ画像を(^^;
NN7A0548岩岡町 サバクビタキ_convert_20161025205625
この記事のURL | サバクビタキ | CM(8) | ▲ top
ライファー・サバクビタキ(地上編)
- 2016/10/24(Mon) -
今年冬に愛媛県に登場したサバクビタキが、しかも近場で♂が出ているという情報をいただき、土曜日に行ってきました。気合を入れて早朝から出かけると、到着早々に農道にサバクビタキが登場!あっさりライファーGetできました。おかげさまでこの後はノープレッシャーで撮れました(^ ^)
サバクビタキの名は生息環境からの命名だと思いますが、バフ色の羽色に黒い顔は、いかにも荒地に住んでいる雰囲気がありますね。でも、顔をアップで見るとヒタキらしいかわいい顔をしていました。

最初は15mくらい先に登場。このとき、まだ朝6時くらいでしたがすでに10人くらいがポイントにいました(^ ^;
NN7A0040岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023114223

地上のエサをついばみながら、どんどん寄ってきました。
NN7A0465岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023103500

ここからはほぼノートリ画像。Max3mくらいまで近寄ってきました。
NN7A0469岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023103656

ノビタキとジョウビタキを合わせたような姿ですね(^ ^)
NN7A0381岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023103822

エサがある稲株めがけて寄ってきたようです。遠くからでもエサがあるのがわかるんですね~
(せっかくの珍鳥も餌付けすると興ざめということもありますが… でも、おかげで目の前で見れました。)
NN7A0476岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023104029

NN7A0484岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023104229

NN7A0487岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023104333

NN7A0488岩岡町 サバクビタキ_convert_20161023104430

すぐ目の前に寄って餌を食べては枝に飛んで行って休憩のパターンを繰り返していました。欲をいうと、農道上でバフ色の羽色だと画像が地味すぎるので、もう少し絵になる場所でも撮りたかったのと、撮っていた時間が早いので画像がやや暗いですね(^ ^; 次回は枝どまり編です。
この記事のURL | サバクビタキ | CM(10) | ▲ top
キビタキ
- 2016/10/23(Sun) -
土曜日西のお山での撮影続編です。例年ムギマキ狙いで訪れる西のお山ですが、肝心のムギマキよりキビタキの方がよく撮れてしまいます。今回もキビタキ♂成鳥がサービスよく登場してくれました。

NN7A0680菊水山 キビタキ_convert_20161023131826

NN7A0683菊水山 キビタキ_convert_20161023131951

NN7A0801菊水山 キビタキ_convert_20161023132159

NN7A0810菊水山 ムギマキ_convert_20161023132304

NN7A0822菊水山 キビタキ_convert_20161023132407

この後、天気が悪くなってきたので撤退しました。えむ・おーさん、わこさん、そして現地でお会いした皆さん、お疲れ様様でした(^ ^)
この記事のURL | キビタキ | CM(4) | ▲ top
ムギマキ
- 2016/10/22(Sat) -
今日は早朝から西の地に珍鳥追っかけに行っておりましたが、もともとこの時期に予定していたのはムギマキ撮影でした。珍鳥Getに気をよくして、帰り道に西のお山に登って気分よく撮影開始。
ただ、思ったより天気が悪くなってしまったのと、とにかくムギマキは落ち着きのないコで、毎度のことながら見えているのに撮れません…  綺麗な♂成鳥もいたのですが… なんとかUpできる写真を数枚とるのが精いっぱいでした(^^;

まずムギマキ♀を撮って、なんとかボウズ逃れできました。
NN7A0734菊水山 ムギマキ_convert_20161022205915

次は若♂
NN7A0757菊水山 ムギマキ_convert_20161022205953

NN7A0761菊水山 ムギマキ_convert_20161022210536

NN7A0763菊水山 ムギマキ_convert_20161022210608

NN7A0903菊水山 ムギマキ_convert_20161022210828

♂成鳥も出てくれましたが。低画質の証拠写真しか撮れませんでした(^^;
NN7A0850菊水山 ムギマキ_convert_20161022210854

NN7A0864菊水山 ムギマキ_convert_20161022210922
この記事のURL | ムギマキ | CM(12) | ▲ top
伊良湖岬の空と海
- 2016/10/18(Tue) -
伊良湖岬旅行のエピローグです。週末旅行は晴天に恵まれ、夕焼け・朝焼けに染まる空と海を眺めて爽快な気分になりました。

温泉に浸かって一休みした後、岬の向こうに陽が沈んで行きました。こういう風景をみると日頃の疲れを忘れます(^ ^)


こちらは岬の反対側、渥美半島東南・太平洋側の風景です。


夜明け前の景色


日の出の風景


Google Mapより

この記事のURL | 旅行 | CM(2) | ▲ top
ライファー・オオミズナギドリ
- 2016/10/17(Mon) -
伊良湖岬からの帰り道は伊勢湾フェリーで鳥羽経由で帰って来ました。航路の途中で海面すれすれを飛ぶオオミズナギドリを発見(^ ^)

NN7A0380伊勢湾フェリー オオミズナギドリ_convert_20161016204628

NN7A0413伊勢湾フェリー オオミズナギドリ_convert_20161016204656

NN7A0433伊勢湾フェリー オオミズナギドリ_convert_20161016204726

NN7A0434伊勢湾フェリー オオミズナギドリ_convert_20161016204758

NN7A0435伊勢湾フェリー オオミズナギドリ_convert_20161016204840

フェリーは少々運賃が高かったのがイタいところでしたが、初めてオオミズナギドリを撮りました。伊良湖岬ではコグンカンドリも時々飛ぶそうですが、お出ましは無し… でも、イルカ(スナメリ?)が泳ぐ姿も見れて、楽しめました(^ ^)
この記事のURL | オオミズナギドリ | CM(6) | ▲ top
伊良湖岬
- 2016/10/16(Sun) -
この週末は家族で伊良湖岬に旅行に行っておりました。2日間ともに晴天に恵まれ気分よくリラックスできました(^^) ホテルのチェックアウト前の1時間ほど鷹の渡り観察で有名な恋路ヶ浜で渡りを観察。ノスリ、オオタカ、ツミなどが渡る様子を見ることができました。渡りをする蝶・アサギマダラも見ることができました(^^)



今日はサシバは観察できず、ノスリが渡りの中心でした。
NN7A0055伊良湖岬 ノスリ_convert_20161016204210

ツミ 日ごろはツミを見る機会がなかったのですが、鷹の渡り観察でこんなにツミが飛んでいることを初めて知りました。もう少し低いところを飛んでくれたら良かったのですが…
NN7A0254伊良湖岬 ツミ_convert_20161016204314

NN7A0258伊良湖岬 ツミ_convert_20161016204345

オオタカ幼鳥
NN7A0308伊良湖岬 オオタカ幼鳥_convert_20161016204423

NN7A0325伊良湖岬 オオタカ幼鳥_convert_20161016204445

アサギマダラ 鷹よりもこちらを撮っている方もいらっしゃいました(^^)
NN7A0106伊良湖岬 アサギマダラ_convert_20161016204600

ピークは過ぎていますが、まだまだ鷹の渡りは続いていました。今年の秋のテーマとして9月下旬からしつこく続けた鷹の渡り観察はこれで一段落。来週からはタカ以外の渡りの鳥撮影に切り替えて、出遅れを取り戻したいです(^^;
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ