吉備路のタンチョウ
- 2017/07/30(Sun) -
いよいよ鳥枯れの時期になり、Yasuoは今週末も鳥見は完全休業となりましたので、在庫画像からタンチョウ親子をUpします。
岡山にブッポウソウを撮りに行った帰りに、タンチョウを見てきました。ヒナはやや大きくなっていましたが、まだまだ可愛い姿で楽しませてくれました。

NN7A0760吉備路サンロード タンチョウ_convert_20170729200203

NN7A0772吉備路サンロード タンチョウ_convert_20170729200301

NN7A0796吉備路サンロード タンチョウ_convert_20170729200420

ついでに動画もとってみました(^^)
スポンサーサイト
この記事のURL | タンチョウ | CM(8) | ▲ top
雑談 夏鳥撮影が一段落しました
- 2017/07/23(Sun) -
そろそろYasuo自宅の周辺では続々とアオバズクの巣立ち情報が聞かれるようになり、夏鳥の撮影も一段落する時期になりました。しばらくの鳥枯れの季節を前にもう一度撮影に出かけたかったのですが、昨日・今日は所用で出かけられず写真の整理をしていたので、ついでに遠征続きだったこの3ヶ月を振り返って見ました。

GWに続いて2度目の舳倉島遠征で撮影したシマゴマです。舳倉島では合計6種のライファー撮影に加え、コウライウグイス、ヤツガシラなど、収穫がいっぱいでした。GWは北陸に超珍鳥と思われる青い鳥が出現していましたが、そちらは間に合わずでした。



ここ数年定番となっている岡山県遠征で撮影したブッポウソウ。この日は光線の具合が良く、気持ちよく飛びモノ撮影にチャレンジしました。



今年は諦めると言いながら行ってしまった八東ふるさとの森。夏鳥で一番好きなアカショウビンは鳴き声を聞いただけでも癒されます。


同じく、ふるさとの森で撮影したコノハズク。この日はオオコノハズクもいたと後で知りました。残念…



6月〜7月はヤイロチョウがメインテーマでした。お気付きかもしれませんがアカショウビンにかえてプロフィール欄の画像に写りが良かった画像を採用しました。雛に給餌するためのミミズを咥えていましたが、反転&ぼかし加工をして使用してみました(^^;


原画像はこちら


8月もお盆を過ぎればコルリが戻り出したりシギチが渡ってきます。秋の渡りに備えて、今年の夏はのんびりしようと思います。
この記事のURL | 雑談 | CM(2) | ▲ top
ヤイロチョウ4 道の上編
- 2017/07/19(Wed) -
再び在庫のヤイロチョウ画像、シーンとしては第2回の続編です。トレッキングコース付近にヤイロチョウが登場した時が一番被り無しで撮影できるチャンスだったのですが、あいにくさほど近づいてくれないままに終わりました。ヤイロチョウらしい林床ではなく道の上での画像ですが、それでもそこそこの距離で撮れたので、記念にUpしておきます(^^;

NN7A0315朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231634

NN7A0319朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231653

NN7A0326朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231710

NN7A0335朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718234437

NN7A0272 ヤイロチョウ_convert_20170701095731

NN7A0289朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718231610

NN7A0475朽木 ヤイロチョウ_convert_20170718234711
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(2) | ▲ top
コノハズク
- 2017/07/18(Tue) -
この日の狙いはアカショウビンに加えてコノハズク、特に赤色系コノハズク(カキズク)でした。オオコノハズクはすでに巣立ちしてしまいましたが、コノハズクは園内では3ヶ所で営巣中いうことでした。こちらもそろそろ巣立ちするでしょう。

まずは1個体目
アカショウビンの営巣ポイントの近くで体を細くしてとまっていたコノハズク。葉陰にいて色がイマイチ出ていませんが、こちらはノーマルタイプのようでした。ほぼノートリ画像です。
NN7A0033八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717102844

大トリ画像です。
NN7A0032八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717102909

アカショウビンを一通り撮影してから様子を見に行ってみました。到着直後はまだお休み中…
NN7A0350八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717181517

目をあけました(^^) 
NN7A0361八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717071151

NN7A0380八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717071221

再びお休みモードに…
NN7A0381八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717071248

2個体目は赤色系のコノハズク。斜面の茂みの中の低木にとまっていました。距離も近くほぼ目線の高さにいるのに、最初は居場所がわかりませんでした。
NN7A0400八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717191535

NN7A0404八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717191630

NN7A0417八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717191726

こちらの個体も最後は大トリ画像を。同じコノハズクなのに雰囲気が随分違いますね。
赤色系コノハズクはノーマルタイプより数が少ないはずですが、ここではなぜか多数派です。
NN7A0425八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717191806

それにしてもコノハズクは小さい!図鑑では体長20cmとなっていますが、もっと小さい気がしました。結構近いところにいたのに600mmノートリでこの程度の大きさです。日陰にいたので、本当に目につかないです。見つけてくれた施設の方に感謝です。(現場の雰囲気が分かるよう画像を少し調整して暗くしています。)
NN7A0426八東ふるさとの森 コノハズク_convert_20170717193430

この日の森は快晴 ブナ林の林床はまだマシでしたが、日なたは猛暑でした…


園内ではまだ他のポイントでも営巣中ですが、そっちはパスして、アカショウビンを撮り直して撤退しました。
ココは雰囲気もいいし、鳥友さんとも話ができるし、行く価値十分で楽しいですね!何よりボウズの心配も無いし(^^;
いろいろ無理をして行った甲斐がありました。
この記事のURL | コノハズク | CM(0) | ▲ top
アカショウビン2 飛びモノ編
- 2017/07/17(Mon) -
この日は先の撮っていた方に”今日はアカショウビンの出がイマイチ”と聞いて、無理せずとまりモノを中心に撮ろうと思っていましたが、巣への飛び込みの撮影場所を譲っていただいたので飛びモノにもチャレンジしてみました。Fさん、ありがとうございました。

ズームをテレ端600mmにしたら、写る幅が狭すぎて飛び出し後は1コマしか写っていませんでした。SSも不足気味…


NN7A0105八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715230953
NN7A0106八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715231046
NN7A0107八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715231214

少しレンズの画角を広げてみました。木漏れ日があたると露出オーバーになって難しい…
NN7A0109八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715220216
NN7A0110八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715220316
NN7A0111八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715220426
NN7A0112八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170715220813
多重露光風に合成してみました(^^)
巣穴への飛び込み合成写真_convert_20170715212954

NN7A0202八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170721223408

最後のチャンスで、一番マシなのが撮れたような気がします(^^;
NN7A0509八東ふるさとの森 アカショウビン拡大_convert_20170716201742

最後の給餌シーンの撮影を最後に撤退しました。この日現地には顔なじみの方がたくさん来られていていました。Fさん、Oさん、Tさん、その他現地でお会いした皆さん、お疲れさまでした。
この記事のURL | アカショウビン | CM(10) | ▲ top
アカショウビン1 とまりモノ編
- 2017/07/17(Mon) -
今年はアカショウビンを撮るのをあきらめようと思っていましたが、お山で囀りを聞いて撮りたくなってしまい、この三連休1日だけ時間をもらい、土曜日にアカショウビンの有名ポイントに行ってきました。まずはとまりモノ編です。

定位置の枝にとまっているときは何回撮っても細枝が被ってしまいました(^^;
NN7A0055八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717215217

NN7A0154八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717170833

少し角度を変えて撮影 同じ場所にとまるので被っています…
NN7A0228八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170730091044

NN7A0315八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717171002

NN7A0326八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717171116

NN7A0336八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717171229

NN7A0433八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717171320

NN7A0450八東ふるさとの森 アカショウビン_convert_20170717171414

おまけ:巣に飛んで行っても餌を渡さず戻ってくるシーンが何度も見られました。(少し早い気がしますが巣立ちを促している?)巣から戻っても餌をくわえて枝の上にとまっていた親鳥を動画で撮ってみました。(再飛び込みまで待ちきれず…)


次は巣穴への飛び込みをまとめた飛翔編です。
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | ▲ top
ヤイロチョウ3 給餌編
- 2017/07/16(Sun) -
ヤイロチョウシリーズの3回目は雛の餌を口いっぱいに咥えているヤイロチョウです。♂♀が交互に餌場に飛んでいっては巣に戻り給餌していました。(ミミズやムカデが苦手な方は、ごめんなさいです。)

この倒木にとまって、巣の近くの横枝に飛んで、巣に入る。そんな行動パターンでした。画像は明るいですがiso 高めで撮っています。実際は相当暗かったです。
NN7A0026朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730205358

NN7A0062朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730205424

ココに来る時はエサをくわえているので、なかなか姿を綺麗に撮れませんが、この時はミミズが少なめな回でした(^^;
NN7A0140朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730205512

今度はミミズがいっぱい…
NN7A0121朽木 ヤイロチョウ_convert_20170731215058

NN7A0147朽木 ヤイロチョウ_convert_20170731215228

NN7A0163朽木 ヤイロチョウ_convert_20170731215304

NN7A0131朽木 ヤイロチョウ_convert_20170709175420

途中1回だけ、少し手前の切り株にとまりました。写りはイイのですが、いかんせんお口がこの状態です(^^;
NN7A0206朽木 ヤイロチョウ_convert_20170709175804

NN7A0212朽木 ヤイロチョウ_convert_20170709175902



ここが巣へ飛んで行く前の定位置でした。
NN7A0225朽木 ヤイロチョウ_convert_20170722142852

動画も撮影してみました(^^) 


おまけ:巣作りの初期の頃、巣に出入りする姿を少しだけ撮影できました。

巣穴から顔を出すヤイロチョウ。


巣に戻ってきたヤイロチョウ 翼には白斑があり、ブッポウソウに似ている気がします。










あとがき
ヤイロチョウのような希少な鳥が営巣する森が都市の近くにある事は素晴らしいのですが、ココが有名になってしまい、毎年撮影のために人が集まりすぎるのは営巣のためには大きなマイナスです。自分自身が撮影に行っているのに綺麗事を言うようですが、むやみに営巣情報を拡散させるのは憚られるので、多くの方々同様に巣立ちを待ってのUpとなりました。
来年もヤイロチョウが来てくれることを祈りつつ、連年の大騒動を振り返ると、もっと静かなところで営巣した方が安心なのに…とも思ってしまいます。自然と付き合う趣味は、特に繁殖期は、いろいろ悩ましいですね。
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(8) | ▲ top
ヤイロチョウ2 道端編
- 2017/07/15(Sat) -
今回はトレッキングコースに現れたヤイロチョウです。例にもれず、撮影ポイントは暗くisoはなかなか下げられず、せっかくのヤイロチョウの鮮やかな羽色がもう一つ綺麗に出ません。微妙な木洩れ日にも悩まされながら、とりあえず被りなしで撮れたのは収穫でした。

♂♀ともに来ましたが、現場で聞いた話だと♂の方が警戒心が強いとのことでした。画像は♀と思われる個体です。
NN7A0073 ヤイロチョウ_convert_20170701095049

NN7A0076 ヤイロチョウ_convert_20170701095259

NN7A0097 ヤイロチョウ_convert_20170701095348

NN7A0110 ヤイロチョウ_convert_20170701095459

NN7A0154 ヤイロチョウ_convert_20170701095602

NN7A0205 ヤイロチョウ_convert_20170701095640

NN7A0280 ヤイロチョウ_convert_20170701095815

NN7A0376 ヤイロチョウ_convert_20170701100029

NN7A0413 ヤイロチョウ_convert_20170701100127


次の登場を期待しましたが、バテてきたのでこの日は撤退しました(^^;
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(2) | ▲ top
ライファー・ヤイロチョウ
- 2017/07/14(Fri) -
今年の梅雨時はヤイロチョウのおかげで楽しい時間を過ごせました。無事ヒナが巣立ちしたとの情報が入りましたので、いままでに撮影した画像を何回かに分けてUpしていきます。今回は6月中旬営巣初期に撮影した画像です。

いままでヤイロチョウにはチャンスがありながら出会うことができずでしたが、この日ヤイロチョウに初めて出会えました。今年は舳倉島にも行けたし、念願のヤイロチョウに出会えてラッキーな「鳥」年です。

採餌に歩き出したヤイロチョウ この日の最初の画像はAM5:00撮影でした。isoを上げても相当SSは遅いです。
NN7A0013朽木 ヤイロチョウ_convert_20170615202053

う~ん… いいところにとまったのですが、私のポジションが悪かったです。
NN7A0064朽木 ヤイロチョウ_convert_20170730175711

巣材の苔を運ぶヤイロチョウ


巣材をくわえすぎて顔が見えません…巣作り、頑張ってました(^^)


近くに出てきました!でも正面向きで翼の色が見えません…


さらに近づいてきました(^^)




もうちょっと横を向いて欲しいところでした(^^;


気が付くと、すぐ先に来ていました。一瞬光がさして、ヤイロチョウらしい羽色が少しだけ見れました。
NN7A0186朽木 ヤイロチョウ_convert_20170620234026

このシーンではコバルト・ブルーの小雨覆が一層輝いて見えました。この小雨覆の輝きはヤイロチョウ自体の希少さもあって魅入ってしまいます。“ヤイロ”の名前は“たくさんの色”の意だそうですが、見れば見るほど光線次第で羽色が変わって見えます。


Fairy pitta “妖精”といわれるヤイロチョウに出会えただけでラッキーでした。
Tさん、今回は大変お世話になり、勉強にもなりました。ありがとうございます。またフィールドでお会いするのを楽しみにしております(^^)
この記事のURL | ヤイロチョウ | CM(2) | ▲ top
ヤマセミ親子 動画編
- 2017/07/09(Sun) -
この日はヤマセミ親子が見れたのはよかったのですが、枝被りだったり、天気がイマイチでSSが上がらず写真がブレブレだったりなので、動画も撮ってみました。

朝一に登場していた親鳥♀ 見事に小枝がかぶってしまってました。飛び去った後はそのまま上流に行ってしまいました。


次は幼鳥 お気に入りの枝でくつろいでいました。


次は少々くらいですが、幼鳥の水浴び&飛翔シーンです。


いつもは動画は撮影したままですが、今回は少しだけ編集してみました。まだまだ上手くできません(^^;
この記事のURL | ヤマセミ | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ